めちゃくちゃブックス

読んだ本の感想やメモなど

「刺青・秘密」谷崎潤一郎

 

スポンサーリンク

 

 

最近ミンガスばかり聴いている。植草甚一の文章で「ミンガスは怒りっぽい。仲間のミュージシャンや客を怒鳴りつける」といった内容を読んで以来ずっと避けていたのだが、実際に聴いてみるとユーモラスな曲もあったりする。

 

ファイヴ・ミンガス

ファイヴ・ミンガス

 

 

植草甚一自伝 (植草甚一スクラップ・ブック)

植草甚一自伝 (植草甚一スクラップ・ブック)

 

 

ついでに植草甚一の自伝を読んでいたら谷崎潤一郎の「少年」が好きだとあった。私もあれはメチャメチャいいと思う。新潮文庫は「刺青・秘密」ではなく「少年・異端者の悲しみ」というタイトルにしてほしいくらいだ。

 

刺青・秘密 (新潮文庫)

刺青・秘密 (新潮文庫)

 

 

植草甚一は「少年」に出てくるお屋敷にポオの影響を感じているようだが、私にはあの小説の登場人物がみな「ドラえもん」の世界とそっくりに思えて仕方がない。明らかにこいつはジャイアン、この子は出木杉君、と役を割り振ることができる。そして何と言ってもヒロインは静香ちゃんである(のび太は一応主人公)。