読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めちゃくちゃブックス

読んだ本の感想やメモなど

ユーモアのある本 2016年

ユーモア 小説 短歌

このブログはもともと「ユーモアのある本」というタイトルで始めたのだが、特にユーモアのない本も、新刊も旧刊も混ぜてしまえと考え直してタイトルを改めて、そうこうしているうちに本そのものを読む時間が減ってしまった。

続きを読む

内田樹とクラークと「ラーマ奥さまインタビュー」

よもやま話

内田樹の「困難な成熟」を読んでいると、以下のような文章があった。

 

自分が感じていること、考えていることを発表するときには、できるだけ「自分が死んだら、これと同じことを感じたり考えたりする人がいなくなる」ことだけを選択的に語るほうがいいと思います。

続きを読む

ちくま文庫の背中の上の方にあるオレンジ色のような茶色のような帯の部分

よもやま話

ちくま文庫の背中の上の方にあるオレンジ色のような茶色のような帯の部分は、人によってはうるさく感じられる可能性を持ったデザインなのかもしれないと急に気づいた。

続きを読む

「血涙十番勝負」山口瞳

ノンフィクション ユーモア

本屋に行くと、将棋コーナー以外の場所で将棋の本を見つけることが時々ある。本書は中公文庫のビブリオというシリーズがまとまっている棚で発見した。

続きを読む